JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
(801,299 - 92 - 352)

イベントリポート

カテゴリ すべて> 登録件数 252件
前のページ Page: 10 次のページ

多ノ郷支所起工式(工事の安全を願い)

 2月25日に多ノ郷支所建設予定地で起工式を行いました。
 式典には西森組合長をはじめとしたJA役職員や、工事関係者が参列し、工事の安全を祈願しました。
 多ノ郷支所は現在の本所敷地内・米倉庫跡地に建設されます。

インゲン部会中間検討会(販売中間実績など報告)

 2月25日販売課2階会議室で、平成27園芸年度インゲン部会中間検討会を開催し、生産者をはじめ、園芸連、農業振興センター、当JAの営農課、販売課職員が参加しました。
 会では、インゲンの販売中間実績の報告が行われ、販売高の向上を目指す事を確認しました。池田和則部会長は関西市場の視察報告を行い、近年は国産の必要性が増加しインゲンの需要がある事や出荷量に関する市場の意見などを伝えていました。
 農業振興センターからは「IPM(総合的病害虫管理)」の取り組みについての経過報告や、環境制御技術の検討について生産者に技術的なアドバイスを行いました。
 また、先月行われた園芸品評会で特別賞を受賞した隹健一さんの表彰も行われ、園芸連より表彰状が授与されました。

「H27春の合同セール」大賑わい(各資材センターで開催)

 2月20・21日の2日間にかけて各資材センターで「春の合同セール」を行いました。
 セールでは、日頃のご愛顧に感謝を込めて肥料や農薬、農業資材等を特別価格で提供し、朝早くから大いに賑わっていました。

「功労者賞」受賞(第14回JAバンク全国大会)

 2月19日「第14回JAバンク全国大会」が東京で開催され、西森組合長が出席しました。
 当JAは信用事業の発展に貢献したJAに送られる「功労者賞」を受賞し、西森組合長は「今回の賞は、普段信用事業を利用していただいている組合員や、地域の方々のおかげで受賞する事ができた」と話しました。

第36回施設園芸総合セミナー開催(土佐くろしおの取り組みを紹介)

 2月19日、20日に東京・晴海客船ターミナルホールで「第36回施設園芸総合セミナー」が開催され、当JAの営農課廣見課長が講演をしました。
 講演では「燃油価格高騰緊急対策への取り組み」をテーマに、ヒートポンプ加温機械導入についての考え方や、現場の実態調査などを紹介しました。

生産資材の特性を学ぶ(ビニール・生産資材勉強会)

 2月7日本所3階でビニール・生産資材勉強会を行いました。
 会には各メーカーの担当者を招き、購買課渉外担当の職員を対象に生産資材、農ビニール、農POの特性などを説明してもらいました。
 今後もメーカーと交流を深め、組合員により一層良い商品を提供できるよう努めていきます。

まごころ込めたお弁当

 2月10日、女性部葉山支部は「お弁当配食サービス」を行いました。
 これは津野町役場の配食サービスを受けている地域の高齢者の方々を対象に、部員の手作り弁当をお届けする活動を毎年行っています。
 お弁当作りは葉山支所2階で行われました。手作りなのはもちろんの事、おかずの配置やいろどりにもこだわりました。お弁当には一緒にメッセージカードが添えられ、部員から各地域の方々へ配達をしました。
 今後もこのような活動を通じて地域の方々との交流を深めていきたいです。

新本所起工式(工事の安全を祈願)

 2月6日、くろしお村建設予定地で新本所棟の起工式を行い、役職員や工事関係者らが出席しました。
式では西森慶郎組合長らがくわ入れをして玉串を奉納し、工事の安全を祈願しました。
 本所を高台に移転する「土佐くろしお施設整備計画」は県が予想した南海トラフ地震の被害想定で、現在の場所での事業継続は難しいこと、本所の耐震性も課題となっていたため、東日本大震災を期に移転を検討してきました。
 新本所は標高18mの高台に建設。延床面積は約1,351屐H鷯鏤には信用・共済業務の継続や自家発電機や水の備蓄などを行い、地域の避難場所として、防災面を重視しています。

生活用品フェア開催(おすすめ商品が目白押し)

 2月6、7日の2日間須崎市市民文化会館で「生活用品フェア」を開催しました。
 会場には組合員を中心に多くの来場者が訪れ、電化製品や衣料品などの展示即売コーナーは賑わいを見せ、気になった商品の説明を聞いたりして吟味していました。

修理・点検の基礎を学ぶ(農機修理・点検基礎講習会開催)

 1月30日、本所農機課内で農業機械修理・点検基礎講習会を開催しました。
 今回の講習会は以前より青年部から要望があり、初めて行われました。
 参加者は普段利用している農機具の取り扱いや、使用時に危険が無いか各メーカーの担当者の説明に耳を傾け、再度確認をしていました。
前のページ Page: 10 次のページ

個人情報保護ポリシー

このサイト内でのご意見・お問い合わせは こちら までご連絡ください。
Copyright(C) 2017 JA TOSAKUROSHIO All Rights Reserved.